一閑張り

面白かった
一閑張りの
和紙の「墨」落とし
自分で何かを
表現するのではなく
無に
なって
墨を落とす
ラモナが
持参したのは
和ハッカ
せいたかわだちそう
シダ

最高

第二弾です
一閑張りは250年前から伝わる伝統工芸です。
紙、和紙などを重ねて、強度を増して
使い続けることができます。
その技法を使いカゴをつくります。
昔の技法と今の自分の想いを交差させる。
墨を飛ばしたり、想いを表現したり
そして、それは出来上がったらカバンとして使えるものとなる。
是非体験してみてください。
【一閑張り】
★2回コースです。両日出れる方の募集です
★1回目と2回目を別会場の組み合わせしても可能です。
おかんハウス(大分県竹田市宮砥工芸舎から車で5分)
①6/30(土)
②7/8(日)
(※4/13現在日程変更しました)
10:00〜15:00
竹のカゴ、和紙などの材料費込み
全2回コースで10000円
※南阿蘇でもやります。
南阿蘇salon108(木の香温泉近く)
①6/19(火)
②7/3(火)
【持ちもの】
一回目
持ち物
弁当
できるだけ新しいタオル2枚
よごれてもよい格好
ラジオペンチ(持っている人)
はさみ
2回目
弁当
はさみ
タオル2枚
持ち手の所に巻く布や紐など
ラジオペンチ
ーーーーーーーーーーーーー
【お問い合わせ・お申し込み】
Facebook参加ボタンと
メッセンジャーもしくはメールで
直接ラモナまでメッセージをお送りください。
返信をもって申し込み受付とします。
ラモナ
banfrequent*gmail.com(*を@に変えてください)

 いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ